ケアマネドットコム > 記事トップ > 在宅介護のニオイ対策 8割のケアマネがニオイ相談に「自信なし」

日付:2013/06/26  カテゴリ[特集]  閲覧数[12038]

在宅介護のニオイ対策 8割のケアマネがニオイ相談に「自信なし」

在宅介護によるニオイ相談、ケアマネはどう回答している?

図1

図2

ケアマネドットコムが独自に行なったアンケートによると、在宅介護のニオイ相談に対して適切に回答できているケアマネはわずか2割。なんと残りの約8割ものケアマネが自信を持って回答できていないという状況が明らかとなりました。
その理由として「介護のニオイに有効な方法や商品がないから」という回答が最も多く、根本的な解決にならないとわかっていながらも“とりあえず換気”や“消臭剤使用”などの回答でその場を凌いでいるケアマネが多いようです。

多くのケアマネが推奨している「一般用消臭剤」
しかしご利用者のご家族は“消臭効果”に不満

図3

「利用者やご家族に薦めている介護ニオイ対策商品はなんですか?」という質問に対し、多くのケアマネが「介護用消臭剤(ポータブルトイレ用消臭剤)」や、お部屋用・トイレ用のいわゆる「一般用消臭剤」を薦めていることがわかりました。

図4

図5

図6

介護用品大手のピジョン株式会社が実施した調査によると、実際にご利用者のご家族が使用している消臭剤は、「介護用消臭剤(ポータブルトイレ用消臭剤)」よりも「一般用消臭剤」の使用率が高いことがわかりました。
使用率が高いにも関わらず、「一般用消臭剤」は、介護のニオイの消臭効果の満足度が低く、「排泄物臭には効かない」、「消臭効果の持続時間が短い」などと感じていることがわかりました。
このような結果から、ケアマネの回答がご利用者のご家族のニオイのお困りごとを解決できていないことがわかり、ケアマネがニオイ相談の回答に自信を持てない原因になっていることが考えられます。

一般用消臭剤の満足度が低い理由
それはニオイを消す仕組みにあった!

今や市場には様々な消臭剤が存在しますが、実は消臭の仕組みは大きく3つのタイプに分けられます。
(1) ニオイを強い香りでごまかすタイプ
(2) ニオイの元となる成分を化学反応させ、無臭の成分にするタイプ
(3) ニオイそのものを良い香りに変化させるタイプ

図1

図2

図3

(1)の強い香りでニオイをごまかすタイプのものは一般用消臭剤に多く見られますが、ニオイそのものを消す効果があるわけではないため、瞬間的にニオイが消えたように感じますが消えることはありません。

(2)のニオイの元となる成分を化学反応させ、無臭の成分にするタイプは、ニオイの元と組み合わさる成分でないと消臭効果が発揮されないため、介護特有のニオイには対応できません。

(3)ニオイそのものを香りに変化させるタイプのものは、尿臭や便臭のような在宅介護に特有のイヤなニオイ成分を良い香りの要素の一つとして利用するため、イヤなニオイを根本からなくすことができ、長く効果を感じられます。このタイプにはピジョン株式会社が開発した介護専用消臭剤「香り革命」などがあり、使用後の満足度調査では約8割もの介護者が「非常に満足(やや満足含む)」と回答、特に便臭に対する消臭効果を感じていることが明らかとなりました。

図7

約8割ものご利用者ご家族が満足した介護専用消臭剤とは一体どんなものなのか?
次回は実際に使用した方へのインタビューをお届けします。お楽しみに!

印刷する
オバサン度オジサン度チェック