ケアマネドットコム > 記事トップ >  排泄ケア相談に回答できるのはたった2割!? パッドの使い方を正しく知る!

日付:2013/04/22  カテゴリ[排泄ケアについて]  閲覧数[18030]

排泄ケア相談に回答できるのはたった2割!?パッドの使い方を正しく知って、利用者に合った提案を!

利用者家族の排泄ケアの悩みに適切に回答できる
ケアマネはたった2割!?

図1

ケアマネドットコムが実施したアンケートでは、回答者の8割以上のケアマネが「排泄ケアについて相談を受けたことがある」と回答しています。
なかでも、「おむつ」や「おむつパッド」の利用方法について相談を受けたことがあるケアマネが多く約7割にのぼることがわかりました。

これだけ排泄ケアやおむつ・おむつパッドに関する相談を頻繁に受けているケアマネですが、「適切に回答できる」と回答したケアマネは約2割と、相談ニーズが高いにも関わらず心もとない結果となっています。

ケアマネが相談される利用者家族の悩みは
約4割が「夜間の排泄ケア」!

図1

ご利用者さんやご家族が排泄ケアのどのようなことで困っているのかを見てみると、ケアマネがご利用者さんから受ける相談事例で最も多いのは「夜間の排泄ケアについて」で、4割を占めていることがわかりました。

・「夜間の尿量が多く、おむつをしていても尿漏れしてしまう
・ご家族からは「夜間のトイレが近く起きてしまい、寝られなくなって睡眠不足である」
・「深夜、トイレ誘導のために寝ているところを起こさなければならない
・「夜間の尿量が多いがカテーテルなどは使いたくない

やはり夜間の排泄ケアについて切実に悩まれている方が多いとわかります。

本当は間違っているパッドの重ね使い・・・
あなたは大丈夫ですか?

図1

利用者の尿漏れについてケアマネからは様々提案されています。しかし、(4)のパッド重ね使いは正しいパッドの使い方ではありません。大人用おむつ業界最大手のユニ・チャーム株式会社からは次のようにコメントされています。

「パッドの重ね使いは推奨できません。重ね使いしてしまうと、パッドの重なりによってすき間ができ、おしっこが漏れやすくなってしまいます。また重ね使用はゴワゴワして動きにくく、つけている人にとっても不快なことが多いからです。」

ケアマネ自身もパッドの正しい使い方について理解しなおす必要があります。

パッドの使い方を正しく知って、利用者に合った提案を!

排泄ケアにおいて利用者本人と介護する側がともに快適に生活するためには、利用者本人の体の状態や生活リズムなどを把握した上で、おむつとおむつパッドを正しく組み合わせて使うことが大切です。

次回は、ケアマネが特によく相談を受けている夜間排泄ケアに向けた夜用パッドの種類や特徴をご紹介し、自立排泄ケアに向けたパンツ用パッドの利用についてもご紹介します。

「よく相談されるのに、実はよく知らない」おむつとおむつパッドについて分かりやすく解説しますので、どうぞお楽しみに!

関連記事

印刷する
オバサン度オジサン度チェック