ケアマネドットコム > 記事トップ > ケアマネに残された課題-訪問看護をうまく取り入れるには?-

日付:2011/07/19  カテゴリ[メルマガ]  閲覧数[6701]

ケアマネに残された課題-訪問看護をうまく取り入れるには?-

「医療計画の見直し等に関する検討会」の第5回会合が持たれ、日本看護協会より「訪問看護の伸び悩みに関するデータ」が示されています。地域包括ケアを推 進するうえで、訪問看護の普及は大きなカギの一つです。今改正で「介護職による医療的ケアの解禁」が実施されますが、重要な連携対象となる訪問看護のあり 方がきちんと保障されることが前提になることに変わりはありません。

伸び悩みの背景として、「高い離職率や人材確保の難しさ」とその背景となる「処遇の悪さ」や「教育・育成体制の不足」などが上げられています。処遇改善に 向けては報酬設定が課題の一つとなりますが、介護保険分野に関していえば、もう一つの大きな壁が立ちふさがります。それが「ケアマネジメントの課題」にも 示されている「支給限度額上、訪問看護を十分に入れられない」というものです。…
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


オバサン度オジサン度チェック