ケアマネドットコム > 記事トップ > VOL.1 ズバリ! これが今求められているケアマネ像だっ!!

日付:2009/12/11  カテゴリ[ケアマネ就職ガイド]  閲覧数[11693]

就職戦線異状あり!? ケアマネ就職ガイド

年々厳しくなっているケアマネジャーの就職市場。
そんな状況を打破し、ケアマネとして働くためにはどうしたらいいのか!?
株式会社エス・エム・エスで年間3,000人の転職をフォローしてきた敏腕コンサルタント達が、皆さんへアドバイスします!!

VOL.1
ズバリ! これが今求められているケアマネ像だっ!!

株式会社エス・エム・エス
ケア人材バンクグループ
リーダー
大北恭平さん(29歳)

ケアマネジャーの就職をお手伝いするプロ集団!

◆ケア人材バンクとは……
ケアマネの年間3,000名以上が利用する転職を成功に導く無料転職サービスです。

2006年以降、急激に落ち込んだケアマネ就職市場

まず最初に、なぜケアマネジャーの就職事情がこんなにも厳しくなってしまったのか。その理由からお話ししたいと思います。

現在、ケアマネジャー(以下、ケアマネ)の有効求人倍率が首都圏で1.0を切っています。
地方では場所によって0.5~0.6まで落ち込んだ状態。
一般的に、「有効求人倍率が1.0未満だと就職難」といわれていますので、それに当てはまる厳しい状況です。
こうなってしまった理由は明らかで、「以前より儲からなくなった」からです。

2006年の介護保険制度改正の際、ケアマネが担当できるケアプランの数
に、事実上の上限が設けられました(要介護プラン35件、予防プラン8件)。
正確には「規定を超えると減算される」ということです。
この影響で、ケアマネ1人あたりの収益が限定されてしまい(約40万円程 度)、事業所の収益が激減、経費・人件費などを削減せざるを得ない状況となりました。

日本の介護は福祉サービスと言えど、民間企業が進出できますから競争は必然的に起こります。 企業の収支が健全でなければ、就職難が起こってしまうのです。

2008年7月、韓国に介護保険制度が導入されました。
日本の介護保険制度を参考に作られたのですが、韓国ではケアマネという職種がなく、すべてを国が管理しています。
これにより事業者ごとに利益の差が出にくく、不公平感が出にくい仕組みになっています。
もっとも、ケアマネ不在で在宅ケアマネジメントが困難であるなど、問題はたくさんあるようです。

採用したいと思わせるケアマネ像はこれだ!

上記のような就職市場の変化により、ケアマネジャーに求められる役割も大きく変わってきています。
最近の傾向として、雇用する側が「採用したい!」と思うケアマネ像は2つです。
それは、「即戦力」と「強み」をもっている人です。

1点目の「即戦力」とは、

  • すぐに働けるか(入職時期)
  • すぐに適応できるか(経験があるか)

ということです。
すぐに働けるかというのは、採用担当者がケアマネジャー募集を検討するとき、多くは「社内募集⇒縁故募集⇒一般募集」というステップを踏んできています。つまり、就職情報誌などに掲載される前に、雇用する側はすでに採用努力をしていて、それでも見つかっていない状態だからこそ採用を急ぐわけです。
「明日から働けます」という状態であれば、採用される確率は非常に高いといえます。「即就業はしたいけどできない」という方は、せめて「採用内定通知後1ヶ月以内の就職」ができるよう準備を進めたほうがよいでしょう。

すぐに適応できるかというのは、ケアマネジャーとしての就業経験です。
利用者様やサービス事業者の情報の源となるケアマネジャー業務は、即適応・即戦力を求めらます。

2点目の「強みをもっている人」とは、ケアマネジャーとして働くうえで、これまでの経験で培ってきたキャリアや資格を「強みにできる」、「強みになる」人材です。
例えば、営業職の経験がある人。
ケアマネ業務は対利用者様だけでなく、行政機関や関連サービス事業者、地域包括支援センターとの折衝など、多岐にわたる外部とのコミュニケーションが必須となります。営業力やヒアリング能力のあるバリバリの営業マンがケアマネジャーであれば、新規顧客の獲得・信頼関係の構築などに強みのある人材として、採用したい人材であることは間違いありません。
他にも「飲食店などでの接客経験から接客マナーには自信がある」「人を笑わせることが得意」など、強みにできることはたくさんあるはずです。

こうしてチャンスをつかめ!

  • 介護職が大好きで、ケアマネを含めオールラウンダーになりたい
  • 看護師としてのキャリアを生かして在宅医療・介護にチャレンジしたい

こういった強みがあれば、未経験の方でも、また就職時期のタイミングが合わなかったとしても採用のチャンスは必ずあります! 人材紹介やインターネット求人などからこまめに情報収集し、チャンスを逃さないようにしましょう!!

年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
印刷する
オバサン度オジサン度チェック