ケアマネドットコム > 記事トップ > 入浴関連動作に関連する段差を逆利用するなど

日付:2009/03/18  カテゴリ[ケアプランに生かせる福祉用具術]  閲覧数[1958]

ケアプランに生かせる福祉用具術

福祉用具適合のコツ その13
《入浴関連動作に関連する段差を逆利用するなど》

福祉用具を選定するときには、たとえそれが杖一本であっても、他の多くのものの中から
「それを選定した!」という理由があるのです。そして導入後、その理由通りに生活して
いるのかを確認することが「モニタリング」です。
このコラムの中で、モニタリングに欠かせない、「選定理由」を一緒に考えてみましょう。
きっとサービスの質が、変わるはずです。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


新着記事

平成28年度 介護支援専門…

thumb

解答速報をご覧いただくには、会員登録が必要で…

平成27年4月施行版 サー…

厚生労働省は2月6日、社会保障審議会「介護給…

オバサン度オジサン度チェック