カテゴリ [ 担当ケースについて相談したい ]

例外給

パソコンから投稿   21/08/28 18:19 閲覧数[ 4132 ] 参考度数[ 0 ] 共感度数[ 0 ]
要支援2の方で、今年、自宅の階段から落ちて、圧迫骨折、肋骨骨折、肺挫傷、骨盤骨折をし、一時は人工呼吸器までしていた方がいらっしゃいます。

それから劇的に回復し、リハビリをしてなんとか自宅退院しました。

それで、1階を居住スペースにし、自費ベットをいれたのですが、マットが硬くて痛いとのことだったので、床ずれ防止のをお試ししたら、そちらを気に入り、レンタルすることになりました。

医師からは許可を得て、必要書類を揃えて例外給付の手続きをしたのですが、役所で医師からの意見の内容が薄いからとのことで、書類を返されてしまいました。

改善の見込みがないならまだしも、そんな動けないなら、区分変更したら?と言われましたが、、、しても今は変わらない感じなんです。

主治医は大きな病院の整形の先生ですので、直接、先生とお話しするのも難しく、医事課の方と、先日お話しして、先生から、特殊寝台や、床ずれ防止のマットが必要な理由を詳しく書いて欲しいとお願いし、こちらからも文面を添付して依頼し、今は返事待ちです。大きな病院なので、書類が遅いので、また請求は保留かな?と思ってます。

改めて役所に持って行っても通らなければ、福祉用具の業者の方と説明に伺うつもりですが、、、この方、2割負担なので、ベットは自費で、床ずれ防止のマットは自費レンタルか、買うような感じでお話しをしたらどうかなと思っています。

皆様はどう思われますか?
この投稿には、5件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新5件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
08/30 ありがとうございます
08/28 例外給付の対象なんですよね
08/28 ありがとうございます
08/28 Re:例外給付
08/28 Re:例外給付

同じカテゴリの新着掲示板

新着記事

平成28年度 介護支援専門…

thumb

解答速報をご覧いただくには、会員登録が必要で…

平成27年4月施行版 サー…

厚生労働省は2月6日、社会保障審議会「介護給…