ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 過失責任の緩和期待と注意点

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

過失責任の緩和期待と注意

  21/06/22 09:00 閲覧数[ 1512 ] 
日本老年医学会と全国老人保健施設協会が、「介護施設内での転倒に関するステートメント」を公表しました。介護施設等での利用者の転倒・転落を老年症候群の1つととらえ、「すべてが過失による事故ではない」ことを広く共有することを目指しています。
利用者の転倒・転落リスクが高まる中で…
介護現場で「事故」として報告されるケースの7~8割が、「転倒・転落」です。高齢者の場合、「転倒・転落」が生じやすいだけでなく、反射神経や骨密度の低下などから、いったん発生すると防御がとれずに頭を打ったり、骨折などにつながりやすくなります。
今後、団塊世代が全員75歳以上を迎えるにあたって、利用者の転倒・転落につながるリスクはさらに高まる可能性があります。入院日数の短縮によって、運動機能や筋力が衰えた状態で介護現場に移るケースも増えています。新型コロナ禍で病床ひっ迫が解消されないとなれば、なおさらです。
こうした中で、「転倒・転落」の過失範囲が十分に整理されないと、現場職員の萎縮はさらに進みかねません。混沌としたプレッシャーは現場のストレスを高め、離職の誘発を招きます。2021年度改定で介護保険施設に「安

続きを読む

この投稿には、14件の回答があり、2人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
06/26 自己防衛の仲間づくりであれば論外
06/26 Re:過失責任の緩和期待と注意点
06/25
06/24
06/23
投稿日 回答/コメント タイトル
06/23
06/23
06/23
06/23
06/23
 

同じカテゴリの新着掲示板

新着総合

掲示板タイトル  (コメント数) 閲覧数
特養入所者の認定切れ (14) 4587
テストです (0) 1027
ケアマネ辞めて別職種に (6) 8799
通所の営業時間の変更につて (0) 3413
リハ職の訪問看護に適正化を求… (9) 3265