ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 居宅介護支援経営におよぶ大波

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

居宅介護支援経営におよぶ大波

  21/02/22 09:52 閲覧数[ 6571 ] 
2021年度の介護報酬・基準改定の内容が明らかになり、ケアマネジメントの現場でも「実務に生じる変化」などの確認が求められています。今改定で「ケアマネの動き」にどんな影響がおよぶか、それを経営サイドがどのように読み解くかを掘り下げます。
全サービスを通じた「猶予3年」の新実務
当然ながら、改定内容が現場実務に与える影響は経営サイドのビジョンに左右されます。たとえば、先々の制度の行方や収支予測をもとに、「新たな加算等」をどのタイミングで、どのように受入れるか。これによって、ケアマネの働き方も変わります。
今改定は、この経営サイドのビジョンが過去の改定以上に重要なカギとなります。
第一の理由は、全サービスを通じて「3年の経過措置」を経て順守しなければならない基準改定がいくつも誕生したことです。
たとえば、感染対策にかかる委員会開催や指針の整備。そして、業務継続に向けた計画(BCP)の策定や研修・訓練の実施。さらに、高齢者虐待の防止に向けて、やはり委員会開催や指針整備のほか、これを実施するための担当者を配置することなど。
これらを居宅介護支援で実施するとなれば、その事業の特質や地域

続きを読む

この投稿には、29件の回答があり、4人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
03/06
03/02
02/27
02/27
02/26
投稿日 回答/コメント タイトル
02/25
02/25
02/25
02/25
02/25
 

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する
高齢社会ラボ
カイゴジョブ