ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 科学的介護推進が一気に進む背景

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

科学的介護推進が一気に進む背景

  21/01/25 08:40 閲覧数[ 1025 ] 
今回提示された介護報酬・基準改定案の特徴として、多種類のサービスに「横串」を刺す形の新設項目が目立ちます。CHASE・VISITから名称変更されるLIFEとの情報連携(提供・活用)を軸とした基準改定や「科学的介護推進体制加算」の誕生も、その一つです。

新設の科学的介護推進体制加算の広がり方

自立支援・重度化防止というテーマに関しては、2012年度に訪問介護で誕生した生活機能向上連携加算、2018年度に通所介護で誕生したADL維持等加算などが思い浮かびます。いずれも、特定のサービスから始まり、徐々に他サービスへと拡大を図るという道筋がとられてきました(ADL維持等加算も、今改定で施設系等に拡大が図られています)。

ところが、今回の科学的介護推進体制加算は、創設から訪問系を除くほとんどのサービスに適用を図っています。また、その算定の下地として、全サービスを対象として、LIFEを活用した計画の作成やケアの質の向上の取り組みを「推奨する(つまり、努力義務)」とした基準改定も行なっています。

ちなみに、上記の基準改では「居宅介護支援は含まない」としていますが、条文によれば

続きを読む

この投稿には、16件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
02/03
01/29
01/28
01/27
01/27
投稿日 回答/コメント タイトル
01/26
01/26
01/25 連投失礼。
01/25
01/25
 

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する
高齢社会ラボ
カイゴジョブ