ケアマネドットコム > 掲示板トップ > モニタリング規定はどうなるのか?

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

モニタリング規定はどうなるのか

  20/09/18 09:59 閲覧数[ 2093 ] 
新型コロナ禍により、基準等の臨時的な取り扱いが第15報まで発せられています。こうした取扱いが、どこまで「恒久的なもの」になるのかが、次期介護報酬・基準改定の中心的なテーマの一つです。ケアマネにとって気になるのは、サ担会議の開催もさることながら、モニタリングに関する規定でしょう。

「ICT活用」と「臨時的な取り扱いの継続」?

まず、改めて厚労省通知を確認します。月1回のモニタリングについては、「基準等の臨時的取扱いについて」の第4報で、「感染防止の観点から(中略)月1回以上の実施ができない場合」に、柔軟な取り扱い(未実施による減算等を行わない)が可能とされています。

これが、果たして恒久的なものになるのでしょうか。注意したいのは、介護給付費分科会等での論点は、介護現場の生産性向上というテーマと絡んで、「ICT等の活用」を前提とする流れに傾いていることです。

ヒアリングにおける病院4団体からの提言だけではありません。厚労省側も、今年7月の規制改革推進会議の答申にある「ICT活用による訪問等の代替えを含めた業務負担軽減について検討する」ことを引き合いに出しています。つ

続きを読む

この投稿には、5件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新5件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
09/19
09/19
09/19
09/19
09/18

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する
高齢社会ラボ
カイゴジョブ