ケアマネドットコム > 掲示板トップ > DBから利用者の自立度追跡調査

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

DBから利用者の自立度追跡調査

  20/09/17 08:29 閲覧数[ 609 ] 
社会保障審議会介護給付費分科会(第185回 9/14)《厚生労働省》
2021年度介護報酬改定に向けた、社会保障審議会・介護給付費分科会の14日の議論では、介護DBから「寝返りをうつことも困難である寝たきり状態」(C2)の利用者の4年間を追跡し、自立度の改善ケースがあることを厚生労働省が示した。委員からはデータの利活用を評価する声や、成果があるケアへの報酬での評価を求める意見があった。
・第185回社会保障審議会介護給付費分科会(web会議)資料
寝たきりの大きな要因となる廃用症候群(心身の機能を適切に使用しないことからの機能低下)は、軽い転倒のようなわずかなきっかけによって生じ、若年者よりも高齢者に起こりやすい。生活の不活発化から、一層の廃用症候群の進展という悪循環を生み「寝たきり老人」を作る大きな原因になるため、離床・リハビリテーション・介護により、悪循環を断ち切ることが重要だとされている。
厚労省は介護DBの集計結果から、C2の利用者のうち、介護サービス等の給付を受ける中で、自立度が改善しているケースが少なからず存在することを分科会に報告した。高齢者における離床時間とAD

続きを読む

この投稿には、5件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新5件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
09/28
09/25
09/24 そもそも論ですが
09/23
09/23

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する
高齢社会ラボ
カイゴジョブ