ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 今冬トリプルリスク前に必要なこと

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

今冬トリプルリスク前に必要なこ

  20/09/10 08:23 閲覧数[ 816 ] 
新型コロナ感染症の影響により、介護現場は感染防止にかかる業務の負担増と収支の悪化という二重の厳しさに見舞われています。そうした中、現場の人材不足はどうなっているのでしょうか。厚労省が公表している一般職業紹介状況の今年7月分のデータなどをもとに、現況を掘り下げてみましょう。

依然として高い介護分野の有効求人倍率

厚労省は、介護保険部会や介護給付費分科会などで「介護分野と全職業の有効旧倍率の推移」をたびたび提示しています。暦年の直近データは2019年分ですが、それによれば全産業の1.45倍に対し、介護分野は4.20倍。3倍近い開きが見られます。

2019年は、世界貿易の状況や消費増税の影響により、新型コロナの感染拡大前から景気後退の兆しが見えていたと言われます。そうした状況を反映されているのか、全職業の有効求人倍率は頭打ちの様子(2018年と有効求人倍率に変化なし)が見てとれます。

一方で、介護分野についていえば、2018年の3.90倍から2019年は4.20倍と、依然として急速な右肩上がりが続きました。全職業と比較して、介護分野の人材不足が「異次元」とも言える領域

続きを読む

この投稿には、7件の回答があり、1人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新7件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
09/14
09/14
09/11 連投すみません。
09/10
09/10
投稿日 回答/コメント タイトル
09/10
09/10

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する
高齢社会ラボ
カイゴジョブ