ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 熱中症とコロナ、両リスクの中で

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

熱中症とコロナ、両リスクの中で

  20/08/21 08:18 閲覧数[ 500 ] 
今年の夏も、日本列島は猛暑にさらされています。特にお盆前後から各地で40℃に迫る気温となり、高齢者を中心に熱中症による死者も増えています。残暑シーズンも厳しい暑さが予想される中、引き続き利用者への熱中症の注意喚起を行なっていると思われます。新型コロナ感染の脅威もプラスされる中、ケアマネの役割を再確認しておきましょう。

厚労省が示した「マスク外し」推奨の広報

厚労省は、新型コロナ感染防止にかかる「新しい生活様式」下の「熱中症予防行動のポイント」をサイト内でまとめています。HP上から「熱中症予防行動」のリーフレットもダウンロードできます。すでに利用者に配布しているケアマネも多いと思いますが、改めて利用者への注意喚起を行ないたいものです。


新型コロナの感染防止との兼ね合いでいえば、「マスク着用」の問題があります。ご存知のとおり、マスクを着用すると心拍数や呼吸数、体感温度が上昇しがちです。そのため、高温・多湿下のマスク着用は熱中症のリスクを高める恐れがあります。身体に負担のかかりやすい要介護者であればなおさらです。


上記の厚労省HPでも、屋外で人同士の距離が十分

続きを読む

この投稿には、1件の回答があり、1人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新1件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
08/21

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する
高齢社会ラボ
カイゴジョブ