カテゴリ [ 担当ケースについて相談したい ]

初心者マーク 外国人利用者の対応

パソコンから投稿   20/07/19 08:11 閲覧数[ 1579 ] 参考度数[ 1 ] 共感度数[ 0 ]
日本語が全く通じない60代利用者本人と、15歳から日本育ちの日本語が話せる30代娘。
脳梗塞術後、独居、ヘルパーを導入します。
本人は娘経由で意向確認が必要で、身振り手振りのコミュニケーションになるのですが、言葉の壁にぶつかっています。
娘は日本語が話せると言ってもニュアンスの違い、常識の違い、伝わったと思っても伝わっていない、関わり出して間もない調整の段階で発見と反省を感じています。
先日、さっそく行き違いがあり価値観の違いを痛感しました。
皆さんは、外国人利用者支援において、どのような姿勢で取り組み、どのような配慮をしていますか。
助言をお願い致します。

この投稿には、3件の回答があり、1人の方が参考にしています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新3件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
07/20 街のボランティアはありませんか?
07/20 似たような方を支援していました。
07/19 Re:外国人利用者の対応

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する
高齢社会ラボ
カイゴジョブ