ケアマネドットコム > 掲示板トップ > ケアマネ協会、処遇改善を主張

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

ケアマネ協会、処遇改善を主張

  20/07/08 10:39 閲覧数[ 5400 ] 
《 日本介護支援専門員協会・柴口里則会長 》

日本介護支援専門員協会は7日、今後の取り組み方針などを説明する記者会見を開いた。【Joint編集部】

来年4月に迫る次の介護報酬改定をめぐる議論で、ケアマネジャーの処遇改善を訴えていくと説明。居宅介護支援費の引き上げに加えて、職場環境の改善や業務負担の軽減などの必要性を主張していく考えを示した。

次期改定の議論は既に、国の審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)で3月から開始されている。

ケアマネの処遇改善は大きな焦点の1つ。なり手の減少が止まらない一方、地域で期待される役割が以前より更に増えていることから、質の高い人材の安定的な確保につながる環境整備を求める声が強まっている。

議論が佳境に入るのは今秋。厚生労働省は年内に具体策の大枠を固める予定だ。

この日の会見で七種秀樹副会長は、「次期改定にしっかり食い込みたい。なり手の減少は本当に深刻。介護支援専門員を魅力ある職種にしないとなり手は増えない」と述べた。あわせて、「個々の介護支援専門員に確実に給与が届くようにすべき。職場環境の改善も非常に大事

続きを読む

この投稿には、76件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
07/21 ケアマネの公平性
07/15 Re:ケアマネ協会、処遇改善を主張
07/15
07/13
07/13
投稿日 回答/コメント タイトル
07/12
07/12
07/11
07/11 国家資格、更新研修減
07/11
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊝e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル