ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 上限価格の見直し、3年に1度へ

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

上限価格の見直し、3年に1度へ

  20/06/03 09:19 閲覧数[ 696 ] 
社会保障審議会介護給付費分科会(第177回 6/1)《厚生労働省》

社会保障審議会・介護給付費分科会は1日、「概ね1年に1度の頻度」とされていた福祉用具の貸与価格の上限を見直すタイミングを「3年に1度」とする方向で検討に入った。厚生労働省が、貸与価格の適正化効果に対して事業者の事務・経費負担の影響が大きいと判断して議論を促した。また、小規模であることが多い福祉用具貸与事業所に対して経営努力を促すべく、共同購入など効率的な事業運営を行う先進事例の収集を進める方針。

・第177回社会保障審議会介護給付費分科会(オンライン会議)資料


福祉用具の貸与を巡っては、2018年10月から商品ごとに全国平均貸与価格が公表され、貸与価格の上限が設けられていた。介護報酬改定検証・研究事業の調査によると、17年10月貸与分と比べた場合、18年10月の貸与価格総額の削減率は2.0%。これに対して、18年度と19年度を比較した場合、シミュレーションでは0.7%の削減にとどまった。また、介護保険総合データベースを用いて、17年10月、18年10月、19年9月の貸与分データのうち、3つの時点

続きを読む

この投稿には、4件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新4件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
06/07
06/03
06/03
06/03

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊝e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら