ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 結城教授「国は本気度が足りない」

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

結城教授「国は本気度が足りない

  20/01/15 09:55 閲覧数[ 4421 ] 
《 淑徳大学教授・結城康博 》

介護保険が創設されてから20年の歳月が経過しました。現状をどうみればいいのでしょうか? 暗澹たる思いを募らせる人も少なくないと思います。【淑徳大学 総合福祉学部 結城康博】

厚生労働省は昨年末に社会保障審議会・介護保険部会で意見書をまとめました。これは当面の制度改革の方向性を描く極めて重要なものです。

あまり厳しいことばかり言うのも気が引けますが、やはりここは言わざるを得ません。はっきり言って危機感がない。このままでは「制度あってサービスなし」の時代が本当に来てしまうと危惧しています。

現場はより厳しくなった

介護保険の課題は色々とあるわけですが、私はなんと言っても人材不足が最も深刻だと認識しています。既にかなり危機的な状況にあることは、公表済みのデータをみるだけで容易に確認できるでしょう。

まずは有効求人倍率。昨年4月の状況をみると、全産業の平均は1.38倍で介護は3.80倍となっています。12都府県で4倍を超えており、東京都と愛知県は6倍を上回る超高水準です。

・介護人材の不足

NHKは1月1

続きを読む

この投稿には、45件の回答があり、3人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
01/22
01/21
01/18
01/18
01/17
投稿日 回答/コメント タイトル
01/17
01/17
01/17
01/17
01/17
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊝e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中