ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 要介護の総合事業弾力化の行く先

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

要介護の総合事業弾力化の行く先

  19/12/23 09:17 閲覧数[ 1454 ] 
「介護保険制度の見直しに関する意見」の素案の中で、介護予防・日常生活支援総合事業にかかる見直し案が注目を集めています。それが、「要介護認定を受けた人の総合事業の弾力化」についてです。これは何を意味するのか、現場のケアマネジメント等にどのような影響をおよぼすのかなどを掘り下げます。

ベースとなったのは市町村への総合事業調査

まず、上記の案が出てきた背景を整理します。発端は、2018年度の「介護予防・日常生活支援総合事業および生活支援体制整備事業の実施状況に関する調査研究」(老人保健健康増進等補助金事業)で示されたデータです。このデータは、「総合事業における訪問・通所型サービスを実施するうえでの課題」として、1686の市町村から回答を得たものです。

それによれば、「対象者が要支援者等に限られてしまっていることで、事業が実施しにくい」という回答割合が、サービス類型別に示されています。サービスA(基準を緩和したサービス)では17.3%ですが、B(住民主体による支援)は31.1%にのぼります(従前相当サービスは調査に含まれていません)。

また、自由記述の項では、以下のよう

続きを読む

この投稿には、29件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
01/04
01/04
12/31
12/27
12/26
投稿日 回答/コメント タイトル
12/26
12/26
12/25
12/25
12/25
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊝e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中