ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 精神疾患に共通の大脳異常を発見

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

精神疾患に共通の大脳異常を発見

  19/12/19 09:08 閲覧数[ 709 ] 
複数の精神疾患に共通する大脳白質の異常を発見 統合失調症と双極性障害に共通の異常(11/29)《国立精神・神経医療研究センター》

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)はこのほど、4大精神疾患(統合失調症、双極性障害、自閉スペクトラム症、うつ病)におけるMRI拡散強調画像を用いた大脳白質構造についての大規模解析を実施し、統合失調症と双極性障害における大脳白質領域の異常は似通った病態生理学的特徴を持ち、自閉スペクトラム症とうつ病における異常は軽微で健常者に近い生物学的特徴を有していることが分かったと発表した。

NCNP精神保健研究所精神疾患病態研究部の橋本亮太部長らの研究グループは、認知ゲノム共同研究機構(COCORO)による多施設共同研究体制の下で、全国の12研究機関から統合失調症(696人)、双極性障害(211人)、自閉スペクトラム症(126人)、うつ病(大うつ病性障害、398人)、健常者(1,506人)の計2,937人のMRI拡散強調画像データを収集し、大脳白質微小構造についての大規模解析を実施した。

統合失調症では、健常者と比べて、鉤状束、脳梁体、帯状束、脳

続きを読む

この投稿には、14件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
12/28
12/20
12/20
12/19
12/19 Re:精神疾患に共通の大脳異常を発見
投稿日 回答/コメント タイトル
12/19
12/19
12/19
12/19
12/19
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊝e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中