ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 住宅型有料の質の確保に必要な視点

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

住宅型有料の質の確保に必要な視

  19/11/11 09:40 閲覧数[ 689 ] 
10月28日の介護保険部会では、「介護サービス基盤と高齢者向け住まい」がテーマとなりました。ここで述べる「高齢者向け住まい」とは、たとえば住宅型有料ホームやサ高住などを指します。建物本体は介護保険の法令外ですが、厚労省はどのような施策ビジョンに踏み込もうとしているのでしょうか。
住宅型整備が介護付きを上回る時代に
厚労省は、「地域包括ケアの考え方を推進し、高齢者が住み慣れた地域において自分らしい暮らしを人生の最期まで続けるために、高齢者向けの住まいの確保は重要な課題」と位置づけています。しかしながら、登録制となっているサ高住はともかくとして、住宅型有料の場合は、人員基準や運営基準について法令上の規定はありません。そうした中で、質の担保をどのように図っていくか──今介護保険部会では、この点を課題としています。
この論点に踏み込む前に、住宅型有料の利用者・整備状況を確認しましょう。介護保険部会に提示された資料によれば、2018年の住宅型有料の利用者(入居者)数は約27万人にのぼります。一方、介護付き有料(特定施設入居者生活介護)の利用者数は約24万人となっています。実は、2016年ま

続きを読む

この投稿には、23件の回答があり、1人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
11/15
11/13
11/13 住宅型有料老人ホームの現実
11/13
11/13
投稿日 回答/コメント タイトル
11/13
11/12
11/11
11/11 住宅型有料の質の確保に必要な視点
11/11 とりしまりをきちんと
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@