ケアマネドットコム > 掲示板トップ > アルツハイマー診断、新手法を発見

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

アルツハイマー診断、新手法を発

  19/11/07 09:43 閲覧数[ 907 ] 
名古屋市立大学などの研究グループが5日、アルツハイマー病の早期診断を可能とする新たな検査の手法を発見したと発表した。

1滴の血液だけで結果が分かるようになる可能性があるという。今後も研究を重ね、簡単、安全、安価な診断法の確立や有効な治療薬の開発に結びつけたいとしている。

アルツハイマー病の早期血液診断マーカーを発見

近年の研究により、アルツハイマー病の患者の脳内には、20年以上かけてアミロイドβ(Aβ)と呼ばれるタンパク質が蓄積することが明らかにされてきた。発症後では治療の効果が出にくいことも判明しており、Aβの蓄積が進む前に対応することが課題となっている。

研究グループは「フロチリン」という体内のたんぱく質に着目。その挙動を詳しく分析したところ、アルツハイマー病を発症した人は一般の人より著しく低下することを見つけた。軽度認知障害(MCI)の人でも、Aβが蓄積している人とそうでない人では有意な差があったとしている。

フロチリンは血液1滴でも検出可能。今後精度が高まっていけば、アルツハイマー病と他の認知症、うつ病などを判別することもできるようになるとい

続きを読む

この投稿には、18件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
11/09
11/09
11/08
11/07
11/07
投稿日 回答/コメント タイトル
11/07
11/07
11/07
11/07
11/07
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊝e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル