ケアマネドットコム > 掲示板トップ > フリートーク > サ高住の調整に疲弊

カテゴリ [ フリートーク ]

サ高住の調整に疲弊

パソコンから投稿   19/10/24 03:09 閲覧数[ 972 ] 参考度数[ 1 ] 共感度数[ 6 ]
投稿失礼します。サ高住のメリットは無いに等しいと思うのですがいかがでしょうか。地域差や様々なサ高住があると思いますが、あくまで個人的な意見ですので、失礼な発言お許しくださいませ。今まで相当数サ高住の調整をさせていただきましたが、まず本人家族が仕組みを理解すること自体が難しいことや様々なサービスを組み合わせることで窓口が多数になり、入居時の負担が大きいこと。主介護者が年配の方の場合、特に理解が難しく、様々な事業所から請求が来たり各事業所から連絡や書類が来て窓口が多すぎる、2度とサ高住には入らない等の発言もあったり。入居してからも家族の協力やそれが難しい場合はオプションで相当な金額がかかるし、何かあれば家族に判断を委ねる機会が多く、緊急時も結局家族。高い家賃の他、介護度が高ければ限度額超過の可能性大のサービス量。限度額の関係から短時間の通所しか組めず、他者との交流機会も少ない。家族面会がなければ圧倒的に部屋で1人寝て過ごす時間が多い。そしてサ高住は看護師いないため、大体の方は訪問看護、通所又は通リハの(2-3.3-4h)、福祉用具のセット調整しています。現状は結局サ高住は老健を出され、特養、特定など行き場がない場合の仮住まいとなり、老健化しています。サービス付きという言葉で一般の方は勘違いし、施設レベルを求められ、家族もケアマネもサービス側も疲弊し、メリットがわからないのと同時に挟まれ役にも疲れてしまい、この方は通所を増やしたら、リハビリ介入があれば元気になるのではないか等の希望を持つこともできず、限度額と睨めっこで納得いかない調整をせざるを得ないサ高住調整に疲れています。何か視点を変えるポイントや助言を聞かせていただけたら嬉しいです。長文の愚痴にお付き合い下さりありがとうございました。
この投稿には、11件の回答があり、1人の方が参考にしており、6人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
10/26 確かに
10/26 サ高住は・・・
10/26 Re:サ高住の調整に疲弊
10/26 Re:サ高住の調整に疲弊
10/24 サ高住の調整
投稿日 回答/コメント タイトル
10/24 大変ですよね
10/24 Re:サ高住の調整に疲弊
10/24 食事サービス付き高齢者住宅と呼んでいる
10/24 入居前の説明が大切。
10/24 サービス付き高齢者住宅
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@