ケアマネドットコム > 掲示板トップ > HCRから垣間見える市場課題

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

HCRから垣間見える市場課

  19/10/03 09:24 閲覧数[ 1295 ] 
2019年9月25日から27日までの3日間、有明の東京ビッグサイトで第46回国際福祉機器展(H.C.R)が開催されました。会場に足を運んでみて、特に目をひいた展示やこれからの制度の行方との絡みで考えさせられるポイントなどを取り上げてみましょう。
延べ入所者数は前年より1万人以上減少
今回、3日間ののべ入場者数は105,675人、昨年と比較して約1万人以上少なくなっています。過去の入場者数動向を見ると、報酬・基準改定の前年に増え、改定の翌年に減少するという傾向があります。改定の動向が見えた時点で来場者の関心は高まり、その後はやや落ち着くという流れがあるのかもしれません。全国的にこうした福祉機器にかかるイベントも増える中で、来場者が分散しているということも考えられます。
とはいえ、対前年比で10%以上の減少というのは気になるところです。高齢者介護や障がい福祉をめぐる先行きが、「あまり明るくない」ということの現れなのでしょうか。介護報酬の締め付けも厳しい中で、さまざまな設備投資や備品導入に二の足をふむ事業者・施設が増えているといった背景もありそうです。
来年の開催時期には、制度の見直

続きを読む

この投稿には、18件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
10/16
10/09
10/09
10/07
10/05
投稿日 回答/コメント タイトル
10/04
10/04
10/03 Re:HCRから垣間見える市場課題
10/03
10/03
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊝e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中