ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 介護サービス地域差、どう変わる?

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

介護サービス地域差、どう変わる

  19/09/20 08:44 閲覧数[ 644 ] 



9月13日に開催された「第81回社会保障審議会介護保険部会」では、2021年度の介護保険制度改定に合わせ、市町村・都道府県が策定する第8期介護保険事業(支援)計画の取組の方向性が議論された。次期計画では、団塊世代が後期高齢者となり介護サービスの需要が急拡大する2025年だけでなく、生産年齢人口が減少し後期高齢者の人口の減少が予測される2040年を見据えて、各自治体は介護サービス基盤を整えていくことになる。以下では第8期介護保険事業(支援)計画の基本指針作成に関して議論されたポイントを紹介する。

地域別の介護サービス必要性の変化

厚生労働省が示した資料によれば、介護サービスの利用者数について、大都市圏を中心に2040年まで増え続ける市町村が多いものの、山間部など地方では2025年前後をピークに利用者がほぼ増加しない市町村も一定あることが見込まれている(図:保険者別の介護サービス利用者数の見込み)。



大都市圏では今後も増え続ける介護サービス需要そのものにどう対応していくか、地方部では限られた人材・資源で必要なサービスを提供していくための柔軟な体制づく

続きを読む

この投稿には、25件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
09/25
09/23
09/23
09/23 差は仕方ない
09/23
投稿日 回答/コメント タイトル
09/23
09/23
09/21
09/21
09/21
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@