ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 高齢化にかかる社会保障費を深読み

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

高齢化にかかる社会保障費を深読

  19/08/08 09:24 閲覧数[ 644 ] 
国立社会保障・人口問題研究所が、2017年度の社会保障費用統計を公表しました。同統計は、社会保障に関する1年間の支出を、OECD(経済協力開発機構)の基準とILO(国際労働機関)の基準という2通りで集計したものです。2年前のデータでありますが、近年の高齢者増や2015年度の介護報酬改定との関連などに照らして掘り下げてみましょう。

高齢者増と比して年金給付の伸びはわずか

社会保障給付費が過去最高の120兆2443億円に。介護関連費は、初めて10兆円規模に──これだけを見れば、「人口の高齢化による自然増」という分析で落ち着いてしまいがちです。ただし、各項目の推移にもう少し目を凝らしてみると違う側面も見えてきます。

今調査以前の直近5年(2013年度から)の推移で見てみましょう。まず、この間の高齢者人口の伸びは10.2%と2桁を記録しています。2015年に、いわゆる団塊世代が全員65歳以上を迎えたことが影響しています。

この伸びに対し、社会保障給付費でもっとも比重を占める「年金」の伸びは1.7%。厚生年金(報酬比例部分)の支給年齢の段階的な引き上げなど、さまざまな年金

続きを読む

この投稿には、16件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
08/16
08/14
08/11
08/09
08/09
投稿日 回答/コメント タイトル
08/09
08/08
08/08
08/08
08/08
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@