ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 診療報酬側の動向にも目を凝らそう

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

診療報酬側の動向にも目を凝らそ

  19/07/12 09:22 閲覧数[ 861 ] 
2021年度の介護保険の制度・報酬・基準の見直しに関して、大きく影響するのが「医療側の動向」です。1年早く訪れる2020年度の診療報酬改定が、介護側のしくみに向けてどのように波及するかを見極めることが必要になるわけです。現段階で、医療側の議論にどのような動きが見られるのかチェックします。

ケアマネなら都道府県の地域医療構想に注目

2020年度の診療報酬改定の動きで特に注意したいのが、入院病床のしくみと医療ネットワーク内での(ICT等を使った)情報共有のしくみです。たとえば、ケアマネであれば利用者の入退院における対医療連携、あるいは平時における医療側との情報共有のあり方に大きく影響するでしょう。介護サービスの提供現場としても、利用者の療養管理や機能訓練などに際して、医療機関・医療職との連携のあり方を強く左右することになります。

こうした点を頭に入れたうえで、まず注目したいのが、2018年度から都道府県で策定されることになった地域医療構想です。これは、2025年における高度急性期、急性期、回復期、慢性期の4機能ごとのニーズと将来の病床数の必要量、さらに在宅医療等の医療需要

続きを読む

この投稿には、15件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
07/17 個人的な意見ですが。。。
07/17
07/14
07/14
07/13
投稿日 回答/コメント タイトル
07/13
07/12
07/12
07/12
07/12
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@