ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 注意すべきは実地指導効率化の先

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

注意すべきは実地指導効率化の先

  19/06/20 10:22 閲覧数[ 1724 ] 
前回のニュース解説でも述べたとおり、5月30日の発出通知で、介護保険施設等への実地指導における標準化・効率化をめざした運用指針が示されました。特に居宅介護支援事業に対する確認項目は(標準化されたものに絞ったことで)約4分の1に削減されています。

実地指導の「広く浅く」への切り替えの中で

実地指導項目がこれだけ削減されたことにより、確実に1回あたりの実地指導にかかる時間は短縮されるでしょう。同席しなければならない管理者等にとって、実地指導対応という部分での業務負担は減ることになります。

ただし、今回の通知は、あくまで「実地指導の効率性を上げ、(事業所数が増えている中で)より多くの実地指導を行なうこと」が目的です。つまり、特定の事業所の指導に集中するのではなく、地域における指導の量的な拡大を目指す方向への切り替えといえます。

指導をする側も受ける側も疲弊してしまうようなしくみであるなら、「広く浅く」にした方がサービス運営に支障をきたす可能性は低くなる──ということはいえます。しかし、ここで立ち返るべきは、「それでは、なぜ実地指導を行なうのか」という原点です。

続きを読む

この投稿には、28件の回答があり、1人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
06/29
06/29
06/22
06/22
06/21
投稿日 回答/コメント タイトル
06/21
06/21
06/21
06/21
06/21
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@