ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 文書にかかる負担軽減。重要な視点は?

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

文書にかかる負担軽減。重要な視点は?

  19/06/18 13:15 閲覧数[ 1175 ] 
2021年度の制度見直しに向けて、社会保障審議会・介護保険部会での議論が進んでいます。介護分野の人材不足などの課題が山積する中、5月23日の部会で厚労省が示したのが、「介護分野の文書にかかる負担軽減に関するWG」の設置です。昨今、政管通じて大きなテーマとなってきた「事務負担軽減」の流れですが、真の課題解決は期待できるのでしょうか。

主たる共通化・簡素化の対象項目は3つ

新たなWGで「共通化・簡素化」を目指している文書の種類は、以下の3つです。(1)指定申請関連文書(人員・設備基準に該当することを確認する文書等)、(2)報酬請求関連文書(加算取得の要件に該当することを確認する文書等)、(3)指導・監査関連文書(指導・監査にあたり提出を求められる文書)。また、これ以外でも、「地域によって取扱いに顕著な差があり、事業者および指定権者・保険者の業務負担への影響が一定程度見込まれる分野」についても検討の対象にするとしています。

ちなみに、(1)~(3)については、すでにさまざまな施策が講じられたり、予定されているものがあります。改めて整理してみましょう。

(1)については

続きを読む

この投稿には、17件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
06/20
06/19
06/19 文書を減らすための
06/19  
06/19
投稿日 回答/コメント タイトル
06/19
06/18
06/18
06/18
06/18
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@