ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 病床数、回復期機能が増加見込み

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

病床数、回復期機能が増加見込み

  19/05/20 09:45 閲覧数[ 409 ] 
地域医療構想に関するワーキンググループ(第21回 5/16)《厚生労働省》

厚生労働省は5月16日、2018年度の病床機能報告の結果(速報値)を公表した。18年と25年の医療機能別の構成比を比較すると、「回復期機能」を担う病床数は増加、「慢性期機能」は減少見込みであることがわかった。「高度急性期機能」は微増、「急性期機能」は横ばいとなる見通しだ。同日開催の地域医療構想に関するワーキンググループに報告されたもの。

病床機能報告制度は、病院や有床診療所が自院の病床が現在担っている機能と、地域医療構想の目標年である25年の機能を、「高度急性期」、「急性期」、「回復期」、「慢性期」の中から1つずつ選択し、病棟単位で都道府県に報告する仕組み。地域医療構想の実現に向けた地域医療構想調整会議の協議などに活用される。17年度報告で、高度急性期・急性期を選択しながら、実際は急性期医療の診療実績が確認できない病棟が一定数認められたため、18年度報告からは、がんや脳卒中、心筋梗塞の治療状況や救急医療の実施など、関連する診療実績がない病棟については、これら機能の選択を認めない見直しを行った(参照)

続きを読む

この投稿には、10件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
05/23
05/20
05/20
05/20
05/20
投稿日 回答/コメント タイトル
05/20
05/20
05/20
05/20
05/20

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@