ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 他者との交流多いほど健康と認識

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

他者との交流多いほど健康と認識

  18/12/04 09:12 閲覧数[ 484 ] 
第13回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)の概況(11/28)《厚生労働省》
厚生労働省は11月28日、「第13回中高年者縦断調査」の結果を公表した。それによると、友達や近所などとのつきあいの頻度が高い人ほど、健康状態が「よい」と思っている割合が高いことが明らかになった。
調査は、高齢者対策などの基礎資料を得るため、2005年10月末時点で50~59歳だった人を対象に継続実施しているもの。第13回は2017年11月1日時点の状況を調査し、回収客体数のうち、第1回~第13回調査の集計が可能な1万8,819人の結果を分析した(p1参照)(p3~p4参照)。
日常生活の行動と健康状態の関連性をみると、友達づきあいをいつもしている人では自身の健康状態がよいと思っている割合が82.2%だったのに対して、していない人は61.8%。近所づきあいでも、いつもしている人の健康状態がよいと思っている割合は80.7%だったが、していない人では69.8%にとどまり、他者との交流がある人ほど健康状態が良好と思っている割合が高い。「自分の孫や子供の世話」や「家事」でも、同様の傾向が認められた

続きを読む

この投稿には、24件の回答があり、1人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
12/08
12/05
12/05
12/05
12/05
投稿日 回答/コメント タイトル
12/05 Re:他者との交流多いほど健康と認識
12/05
12/04
12/04
12/04 確かにそうかもしれないけど・・・
 

同じカテゴリの新着掲示板

新着総合

掲示板タイトル  (コメント数) 閲覧数
教えて下さい (24)NEW 682
介護保険延長について質問です (8)NEW 371
実調について。 (11)NEW 978
職場内の人間関係 (28)NEW 1217
21年度改定を左右する新デー… (21)NEW 444
Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@