ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 困難事例を解決したい > 若い要介護者の方の支援のあり方なんですが……

カテゴリ [ 困難事例を解決したい ]

初心者マーク 若い要介護者の方の支援のあり方なんですが…

パソコンから投稿   18/11/16 22:36 閲覧数[ 1424 ] 参考度数[ 0 ] 共感度数[ 0 ]
今年5月に脳梗塞となられ、要介護3となり、10月に退院されて初めて介護保険を使用されている女性の方です。

年代はまだ若く60代です。

夫婦ともに飲食店を営まれていましたが、現在は廃業(休止中)です。

やっと生活が軌道に乗り、これからと言うときに、倒れました。

後遺症は右半身麻痺。足は短下肢装具を使用していますが、本当は装着を嫌がっています。外出の時だけいまして、普段は使用していません。

病院嫌いで、持病は脳梗塞以外にも高血圧、糖尿病などがありますが、本人は病院嫌いな為、未治療のまま長期間放置しておりました。脳梗塞発症後は一月半ごとの受診には応じてますが、根本的に治療しようという心構えはありません。

認知症などは無いため、本人、夫の意思は固いです。

退院も「もう少しいないと」という周囲の声を振り切って、「絶対にこの日に帰る!」と押し通しました。

デイサービスを導入しましたが、1日型のデイサービスは苦で、半日型の入浴・リハビリ付きのデイサービスをなんとか導入できました。

ところがご自宅では短下肢装具を外しているせいか、転倒リスクが高く、先日もケアマネ訪問前日に自宅で転倒、右肩を骨折しました。
訪問時に「大丈夫か」と尋ねたところ、「大丈夫。痛みはあるが、肩は回せるし」と返答だったので、安心をしていましたが、2日に脳梗塞の受診の際、ついでにレントゲンを撮ったらヒビが入っていたそうです。

現在は右肩をギブスを嵌め、可動域制限があります。

今月の訪問時、ぎょっとしました。
部屋中、尿臭が満ち、尿取りパットが散乱し、本人の鼻や左頬が真っ赤に腫れていました。本人に尋ねたところ「なんともない」とご返事。
家族も「言っても仕方が無い」と放置気味。

おそらくデイに行かない日はずっとベッドで過ごしており、また短下肢装具を外していることで、尿意を覚えても間に合わず、失禁してしまってることが重なっていると思われます。

ポータブルトイレの導入の検討も考えましたが、「まだ早すぎるかなぁ」とか「本人嫌がるかなぁ」とかグルグルしてしまいます。

しかも物が部屋にあふれ、導入するにもスペース的に無理になってきています。

どういうアプローチがいいか、悩んでいます。
この投稿には、15件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
11/23 ご家族と協力して4
11/19 上から目線で失礼します。
11/18 ご助言ありがとうございます
11/18 大変ですね。
11/18 変わるのはあなた
投稿日 回答/コメント タイトル
11/17 こんばんは。
11/17 思いつきなら語れるけど迷うだけだと思う
11/17 ええと
11/17 追伸
11/17 一応障害者手帳も考えたのですが、
 

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@