ケアマネドットコム > 掲示板トップ > IOTで孤独死リスク解消目指す

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

IOTで孤独死リスク解消目指す

  18/09/25 10:10 閲覧数[ 540 ] 
高齢者の賃貸物件への入居をオーナーが容認しない、あるいは承諾を躊躇するケースが少なからずある ―。そうした社会的課題の解決を目指すという。

NTT西日本は今月から、IoTを活用した「スマートルームみまもり」のトライアルをプリンシプル(福岡県福岡市)と開始した。ドアにセンサーを設置して異常を見つけ、孤独死などの防止や早期発見につなげる構想だ。九州を拠点とする7つの不動産管理会社と手を組む。一定期間にわたって希望する高齢者の住まいに無償で導入し、その効果や運用のノウハウ、ビジネススキームなどを検証するという。

NTT西日本ホームページ 高齢者見守りサービス「スマートルームみまもり」のトライアル実施について

2017年版の高齢社会白書によると、1人暮らしの高齢者は2015年の時点でおよそ600万人。このうち33.8%が賃貸で暮らしている。賃貸のニーズは今後さらに拡大する見通しだが、物件のオーナーにとっては孤独死などのリスクが悩みの種だ。高齢者が安心して生活を送ることができ、オーナーにも空室を減らすメリットをもたらす健全な仕組みの構築が急務となっている。

NTT

続きを読む

この投稿には、13件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
09/27 タイトルが悪い
09/26
09/26
09/26 Re:IOTで孤独死リスク解消目指す
09/26
投稿日 回答/コメント タイトル
09/26
09/25
09/25
09/25
09/25
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@