ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 対面訪問緩和の議論に欠けているもの

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

対面訪問緩和の議論に欠けているもの

  18/09/25 09:46 閲覧数[ 864 ] 
東京都豊島区では、2018年度から「選択的介護(いわゆる混合介護)」のモデル事業を実施しています。分類されたモデル事業は、有識者会議の場で検討・評価されます。その検討・評価の対象となるモデル事業の一つに「居宅内での生活支援におけるICT活用によるサポートの一体的提供」があげられています。

介護保険外のICT見守りを想定したモデル

上記の事業ですが、具体的なサービスモデルは以下のようになります。ここでは、「webカメラを活用した利用者の状況把握と必要に応じた訪問介護員の訪問」をとりあげます。

基本は、(1)webカメラにつながるネットワークシステムを有償で利用者に貸与・設置、(2)事業者がカメラ・センサー(モーション〈人感〉センサー、IoT機器など)で利用者の状況等を把握するという流れとなります。そのうえで、(3)事業者が映像を確認しながら利用者と会話する、(4)センサーで検知した情報を主治医等と共有する、(5)お薬カレンダーを監視する、(6)遠隔での室温調節などを行なうというしくみです。(3)~(4)については、複数のサービスプランから選択可能となります。

仮に

続きを読む

この投稿には、13件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
09/30
09/29
09/28
09/26
09/26
投稿日 回答/コメント タイトル
09/26
09/25
09/25
09/25 簡単に仰っていただいてますけどね・・・
09/25
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@