ケアマネドットコム > 掲示板トップ > ケアマネとAIの役割分担のビジョン

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

ケアマネとAIの役割分担のビジョン

  18/09/06 13:45 閲覧数[ 1070 ] 
ケアプランAIの実証実験が、開発者と自治体、協会等とのコラボによって全国各地でスタートしています。厚労省も、ケアプランAIの有効活用に向けた全国調査に乗り出しました。こうした流れの中、ケアプランAIの実用化に向けた課題はどこにあるのでしょうか。

ケアプランAIは「誰のため」にあるのか

ケアプランAIの実証実験については、「MAIA(マイア)」を使った豊橋市や茨城県のケース、そして8月に報道発表が行われた「CPA(ケアプランアシスタント)」による福岡市のケースが先行しています。また、大手メーカーも、ビッグデータ活用でケアプラン自動作成のしくみ構築を進めています。こうしたケアプランAIの実用化に向けた流れは、今後もさらに加速していくでしょう。

ここで立ち返りたいのは、AIによるケアプラン作成は「誰のため」かという原点です。プラン作成の過程を効率化することで、ケアマネの業務負担を軽減するという目的を聞くことがあります。ただし、その先にあるのは、業務軽減によって得られた時間的余裕などを、「利用者の訴えに耳を傾け、支援のための社会資源のコーディネートに注ぐ」というビジョンです。

続きを読む

この投稿には、15件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
09/07
09/07 AI導入により
09/07
09/07
09/07 業務負担軽減も含めたAIの活用を!
投稿日 回答/コメント タイトル
09/07
09/07
09/07
09/07
09/07
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@