ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 厚労省通知vol.675について

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

厚労省通知vol.675について

  18/08/08 09:22 閲覧数[ 1227 ] 
厚生労働省は6日、今年度の介護報酬改定を詳しく解説するQ&Aの第6弾を出した。通所介護などの看護師の業務について、人手不足などでやむを得ない場合は医師や歯科医師が代行しても特に差し支えない、との解釈を初めて提示。介護保険最新情報のVol.675で周知した。

介護保険最新情報Vol.675 「平成30年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.6)(平成30年8月6日)」の送付について

今回の問いは計8つ。通所介護などの看護職員の業務については、以下の質問が取り上げられている。

【問い3 抜粋】Q. 看護職員による健康管理や必要に応じて行う利用者の観察などの業務の実施が困難な状況の場合、医師や歯科医師が代替して行うことは可能?

厚労省はこれに対し、「やむを得ず看護職員の確保が困難な場合には医師や歯科医師による代替は可能」と明記した。対象のサービスは通所介護、地域密着型通所介護、小規模多機能型居宅介護。この扱いは6日から適用する決まりとし、それ以前に遡って認めることはないとしている。

【問い3 抜粋】A. やむを得ず看護職員の確保が困難となった場合には、

続きを読む

この投稿には、23件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
08/23
08/15
08/11
08/10
08/10
投稿日 回答/コメント タイトル
08/10
08/10
08/09
08/09
08/09
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@