カテゴリ [ 福祉用具・介護・医療知識などについて聞きたい ]

「リハビリテーション」の概念について

パソコンから投稿   18/02/01 10:51 閲覧数[ 1457 ] 参考度数[ 0 ] 共感度数[ 3 ]
リハビリテーションという概念。皆さんの地区ではどのようにとらえられているのかが知りたくての投稿です。

 リハビリをするという事で、マッサージやストレッチ等の手技、そこに物療…。それ自体が目的になっているのではないかなあと思う事があります。

訪問リハビリの方にすら、それを感じる事があります。

生活課題をアセスメントして、そこを伝えても、それが「機能訓練」に切り替わっていたり。

訪問リハは長くて3ヶ月。最短で1ヶ月で評価をしたほうがよいと言われているそうですが…。

私はセラピストではありませんので、分からない事のほうが多いですが、リハビリテーションは「目的」ではなく「手段」である事くらいは分かります。 
大切なのは生活期において、何がどのような原因でできなくなって、どうそれを補っていくのか。を評価してほしいと思っているのです。特に訪問リハビリに関しては、サービスの継続というものの価値を見出せないのです。



外来リハ。介護保険を使われるとうちにこれない。と、やや間違った解釈のもとで、サロン化している外来リハも多いです。 何年も何年も外来リハを継続している事自体が不思議だなあと感じます。



利用者さんもその文化に慣れています。「私はあの病院にもう何年もリハビリに行ってるから、他には(サービスは)大丈夫やで~」この言葉を何度となく耳にしました。
 詳しく聞くと「うん。それ、マッサージですね。」っといった感じです。

 


良いセラピスト=マッサージがうまい。  

 はおそらく違いますよね。良いセラピストさんは、セラピストが関わらなくてもその人の生活が良いものとなるようにアセスメントしてくださいますよね。

私は訪問マッサージのパンフレットは何枚か必ず持ち歩くようにしています。 リハビリテーションではなく、疼痛緩和やリラクゼーションを求めているなら、訪問マッサージの利用をすすめます。すすめても、「習慣」と「しがらみ」により、このままでよいと言われてしまいますが…。



だらだらとなりましたが、リハビリテーションというもののとらえ方が、他事業所の方々と違う事が多かったので、他の地域ではどうなんだろうと知りたいと思いました。

又、リハビリ=マッサージ と思っておられる利用者さん。多くないですか?  そんな方に対して、理解を求める時、何かよい説明方法はありますか?
この投稿には、7件の回答があり、3人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新7件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
02/11 Re:ふいー様
02/11 Re:ちるちゃん様
02/11 Re:「リハビリテーション」の概念につい…
02/11 Re:「リハビリテーション」の概念につい…
02/02 Re:るるれれ様
投稿日 回答/コメント タイトル
02/01 追伸:
02/01 こんばんは。

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@