カテゴリ [ 困難事例を解決したい ]

市長申立て申請について

パソコンから投稿   17/09/14 11:53 閲覧数[ 6851 ] 参考度数[ 1 ] 共感度数[ 4 ]
生活保護で認知症状(簡単な会話は可能ですが、短期記憶障害や見当識障害あり)があり、支援する近親者が一人もいない方(息子はいるが音信不通)が現在入院しています。

お金の出し入れ(本人と銀行に行きハンコを付いて引き出す)について、今まで民生委員の方が好意でおこなってくれていましたが、入院にあたり同様の対応が困難になった為、高齢支援課と援護課に話を通して市長申立ての話を進めると聞いていたので、安心して任せていました。

しかし、改めて援護課のケースワーカーに確認すると、高齢支援課から「完全に判断能力がない訳ではないから、本人申立てを勧められた。」と言われ、そのまま放置されている状態でした。

本人申立てをする場合は、法テラスに本人と出向き契約をする必要があるようですが、この業務は誰が行なうのでしょうか? おそらく役所はケアマネがやってくれることを期待しているのでしょうが、自分としてはそこまでやる必要はないと考えています。

高齢支援課と援護課には、あくまで市長申立てをして貰う方向で話はしていくつもりですが、何か参考になるご意見があれば教えて頂ければ幸いです。

しかし、前に役所から「身寄りのない独居の認知高齢者に後見人をつけていないのはケアマネの怠慢だ」と言われたことがありましたが、この状況でどこまでやればいいんでしょうか・・・。
この投稿には、25件の回答があり、1人の方が参考にしており、4人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
09/21 行くなら行ってもいいけど
09/21 ほろろんさんへ
09/20 今回はいかないことにしよう
09/19 行ってみたら?
09/19 経過報告
投稿日 回答/コメント タイトル
09/18 もう詰んでいるので後始末は行政で
09/18 RE:市長申立て申請について
09/18 後見人について
09/18 Re:市長申立て申請について
09/15 そうですよね。
 

同じカテゴリの新着掲示板

新着記事

平成28年度 介護支援専門…

thumb

解答速報をご覧いただくには、会員登録が必要で…

平成27年4月施行版 サー…

厚生労働省は2月6日、社会保障審議会「介護給…