ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 介護職PR。大切なのは発信者の姿勢

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

介護職PR。大切なのは発信者の姿

  17/09/14 10:25 閲覧数[ 674 ] 
介護現場における深刻な人手不足を解消するべく、厚労省が介護職のイメージ刷新に向けたPR活動を行なうとしています。もし厚労省が本気で取り組もうとするならば、どのような考え方が必要なのでしょうか。
介護業務の社会的評価がなぜ難しいか?
介護職に限らず、特定の職業のイメージ向上を図るならば、「その職業が社会的にどのような役割を果たしてきたのか」をきちんと評価することが必要です。その評価者となるのは、経済市場であれば「顧客」です。つまり、「サービスへの対価を支払う側」が、サービス提供者への適切な評価を行なうことが、その職業の社会的評価に直結するわけです。
しかし、介護保険という社会保険料と税金を財源とするしくみにおいては、お金を負担する人がすべて受給者であるとは限りません。加えて、支払われる単価は介護報酬という公定価格という形で、国が決定しています。そのために、誰が「適切な評価を行なえるのか」という部分があいまいになります。
その点では、同じ社会保険事業である「医療」も同様です。しかし、医療の場合は「病気やケガの治癒を図る」という、人類の長い歴史の中で培われてきた物差しがあります。昨今

続きを読む

この投稿には、25件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
09/18
09/15 無題
09/14
09/14
09/14
投稿日 回答/コメント タイトル
09/14
09/14 自分が老いるなら・タブーを承知で
09/14
09/14
09/14
 

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@