ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 困難事例を解決したい > 独り外出(徘徊)を地域で見守る方法について

カテゴリ [ 困難事例を解決したい ]

独り外出(徘徊)を地域で見守る方法について

パソコンから投稿   17/08/24 09:35 閲覧数[ 3302 ] 参考度数[ 1 ] 共感度数[ 2 ]
独り外出(徘徊)で迷子になってしまう利用者さんがいます。自分の考えとしては、外出を抑制させる方向でのリスク管理ではなく、本人の力と肯定的に評価した上でどうすれば本人の外出機会を確保できるのかといった視点で考えたいとは思っています。

その方法の一つとして、地域で見守れる体制づくりは必要だと考え、包括に地域ケア会議を提案して実施する方向なのですが、具体的な体制づくりの話を提案する事に関して、包括担当者はあまり乗り気ではありません。

包括担当者の気持ちも分かるところで、地域ケア会議などの実施ケースがほぼなく、具体的に地域での体制などをつくっていくノウハウがまったくない中、あまりにも雲を掴むような話ではあります。しかし、当日は高齢支援課や社協など他職種の参加が予定されているので、何か話の取っ掛かりになればいいなと思っています。

ちなみに、市にもSOSネットワーク体制はあるのですが、実際に行方不明になった場合に機能(個人情報に関わる書類もその際に家族が記載する形)するもので、動き出すまでに時間がかかります。また、警察→地域包括ケア推進課→包括にFAXといった感じの流れですが、そこから先の地区のネットワークは確立していません。

その点で、他市では実施事例がある事前登録制度と、包括から先のネットワークの確立がザックリいって必要だと感じていますが、個人情報保護の問題もある中どういった形で具体的に話を前に進めていくのかといった時に、自分もウムムと唸ってしまします。もし、何かヒントになるような取組みをやられているところがあれば教えて頂きたいと思います。
この投稿には、3件の回答があり、1人の方が参考にしており、2人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新3件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
08/26 回答ありがとうございました。
08/24 捜索協力員に登録しています。
08/24 徘徊されるパターンなどはありますか?

同じカテゴリの新着掲示板

新着記事

平成28年度 介護支援専門…

thumb

解答速報をご覧いただくには、会員登録が必要で…

平成27年4月施行版 サー…

厚生労働省は2月6日、社会保障審議会「介護給…