ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 困難事例を解決したい > デイで打撲痕 今後の方向性

カテゴリ [ 困難事例を解決したい ]

デイで打撲痕 今後の方向性

パソコンから投稿   17/06/16 00:57 閲覧数[ 4489 ] 参考度数[ 0 ] 共感度数[ 2 ]
要介護5 寝たきり状態の利用者で本人の訴えはできません。夫と二人暮らし夫も80歳と高齢です。週2回デイを利用し、入浴サービスを受けて、週1回訪問看護で健康管理をしてもらっていますが、おむつ交換にヘルパー朝夕と入ってもらっています。デイ利用後に打撲痕(1円玉程度の皮下出血)と爪でひっかいたような傷ができていますが、ご本人は麻痺があり手足も動かせないので、入浴時やお着替え等に何かしらの傷ができてしまうのか、どこで傷をつくってしまうのかは定かではありません。

夫はデイに対して不信感を抱いています。訪問看護で健康管理をしてもらっていますが、デイにいく前日には傷はなかったと言われ、デイの相談員によると、デイにこられた時は傷ができていました。との報告で水掛け論になっています。関係者で話し合いの場を持って今後の対応に望むつもりですが、どのように方向性を持っていけばよいのか悩んでいます。
今後の方向性や解決方法の助言をお願いしたく存じます。
よろしくお願いします。
この投稿には、9件の回答があり、2人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新9件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
06/17 ディの対応は・・・
06/16 犯人探しではなく方向性の統一を図っていき…
06/16 介助方法や連絡を入れるように対策検討しま…
06/16 訪問入浴も検討させていただきます。
06/16 二人介助ですね
投稿日 回答/コメント タイトル
06/16 デイももうちょっときちんとした対応ができ…
06/16 水掛け論
06/16 Re
06/16 訪問看護からの助言も必要かも。

同じカテゴリの新着掲示板

新着記事

平成28年度 介護支援専門…

thumb

解答速報をご覧いただくには、会員登録が必要で…

平成27年4月施行版 サー…

厚生労働省は2月6日、社会保障審議会「介護給…