カテゴリ [ 困難事例を解決したい ]

金銭管理について

パソコンから投稿   17/01/31 19:01 閲覧数[ 4082 ] 参考度数[ 0 ] 共感度数[ 1 ]

70歳男性独居の方で飲酒しては転倒を繰り返していらっしゃる方がいます。
もともと転倒して足を骨折して動けなくなっているところを通報され包括より直接依頼を受け、借金等の返済を同行して行い、保険料の滞納等分割の交渉をして月々支払っていたんですが、
骨折もよくなりふらふらながら一人で歩けるようになってからはタクシーを呼び飲みに出ている様子で再び転倒しているようです。お酒を飲むこと自体はしょうがないと思うんですが20数万円の年金を自分で全額おろしてきてしまい、翌日には数万円になっている状態で医療保険、税金、介護サービス料等に滞納がある状態です。
本人には話しているんですが「今度から気を付ける」と話すだけです。
後見人制度を考えていますが本人の認知症はそれほどなくどうしたらいいのか迷っています。皆様だったらどんな手立てをとりますか?
この投稿には、10件の回答があり、1人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
02/07 皆さんありがとうございました。
02/02 自分なら、
02/01  
02/01 金銭管理について
02/01 こういった支援は無いか?
投稿日 回答/コメント タイトル
02/01 こういうケースのために「地域ケア会議」が…
02/01 地域的に…
02/01 ケアマネジャーの守備範囲(業務範囲)を超…
01/31 ありがとうございます。
01/31 端的に言うと

同じカテゴリの新着掲示板

新着記事

平成28年度 介護支援専門…

thumb

解答速報をご覧いただくには、会員登録が必要で…

平成27年4月施行版 サー…

厚生労働省は2月6日、社会保障審議会「介護給…