ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 改定で7対1病棟が減少 全日病調査

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

改定で7対1病棟が減少 全日病調査

  17/01/11 12:21 閲覧数[ 384 ] 
平成28年度診療報酬改定に伴う病棟転換等状況調査 集計結果(12/20)《全日本病院協会》
全日本病院協会はこのほど、2016年4月の診療報酬改定が会員病院に及ぼした影響を調べた「平成28年度診療報酬改定に伴う病棟転換等状況調査」の集計結果を公表した。入院基本料別の病棟数を改定前後で比較すると、要件が厳格化された【一般病棟7対1入院基本料】の算定病棟は24病棟(875病床)減少。ほとんどが【10対1入院基本料】に転換したことが明らかになった(p2参照)。
調査は全日病の会員病院2,489施設を対象に実施し、963施設から有効回答を得た(有効回答率38.7%)(p1参照)。主に急性期医療を担う一般病棟については入院基本料の算定に際して、厚生労働省が定める「重症度、医療・看護必要度」の基準を満たす患者が一定割合以上入院していることが求められる。2016年4月改定では、この「重症度、医療・看護必要度」の項目の見直しが行なわれ、【7対1入院基本料】については基準該当患者の割合が従来の15%以上から25%以上に引き上げられた。
全日病の調査によると、2016年10月1日時点で【一般病棟7対

続きを読む

この投稿には、2件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新2件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
01/12 担い手不足も影響しているかと
01/12

同じカテゴリの新着掲示板

Vb𓊍e
就職・転職情報 カイゴジョブフェア
カイゴジョブ
年間 3,600人以上が利用 !あなたのケアマネ経験を転職に生かす!ご登録はこちら
資格を取るならシカトル

介護のススメによせられている最新の質問

Now Loading!
ロード中



ケアマネドットコム携帯サイトでも見られます!


@