ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 困難事例を解決したい > どこまでが私の責任なんでしょうか?

カテゴリ [ 困難事例を解決したい ]

どこまでが私の責任なんでしょうか?

  09/08/06 10:29 閲覧数[ 5882 ] 参考度数[ 0 ] 共感度数[ 0 ]
みなさんお疲れ様です。
すごく久し振りに投稿します。宜しくお願いします。

現在担当させて頂いている利用者さんで独居で生活保護受給の方なんですが、身寄りのない方です。現在要介護1。疾患も慢性関節リウマチ(強い変形はありません)、骨粗鬆症等。
自宅内は車いすで移動しますが、少しの距離であればつかまえられるものがあれば手すり等を伝って移動することができます。認知症はなく、すごくしっかりしている(し過ぎている・・・)方です。

ずっと要介護1の認定で、ヘルパーによる身体介護で入浴援助(浴槽に入るので…)や生活援助で調理や掃除、ゴミ出し、買物等、福祉用具貸与としてセニアカーやベッド一式をレンタルしていましたが、今年の4月に要支援2の認定となり、『病気が病気なだけに私に合った認定が出なかった・・・。主治医意見書にも私が納得する内容の記載がなかった。この結果ではすごく困る・・・』と不服を申し立て、区分変更申請を行ない5月に要介護1が出ました。その時に担当となりました

(普段から訴えが多く、ケアマネも5人目です…。一つ訴えが始まると相手が隙を狙って話をしようもんなら、それを割いて話を始め、とにかく思っていることは全て訴える…問題が発生したら自分の非は認めないような感じで、これまでもケアマネさんやヘルパーさんともトラブル頻回でした。初回の面談では5時間くらい話を聞きました。『独居で身寄りもないから話を聞いてもらいたいんだ…』と疲れはしましたが、話を聞くことから始めました。主治医にもあまりいい印象をもたれていない様子であり、いつも総合病院にて整形、内科、眼科、皮膚科と4つも受診をするのですが、主治医意見書は整形の先生に依頼を行ない、その先生に他の科での状況を話し始め意見書に書き入れるようにと訴え、先生に逆切れをされたそうです・・・。区分変更時の意見書記入時には『私の病気のことを確実に役所へ伝えないと…』と主治医意見書を整形外科へいつも通りに依頼、内科の先生には自身の判断にて、要介護でサービスが必要との内容の診断書を依頼し添付書類として役所へ持って行ったそうです。)

そして、今回更新申請の時期を迎えまして、いつも申請等は自分で役所へ行って申請を行なうので、今回も『自分でやる』とのことでそのように対応してもらいました。また訪問の際には整形外科と内科の先生へ照会を依頼しようと、受診時に持って行ってほしいと封筒に入れ持たせました。また要介護1でセニアカーやベッドもレンタルしていますので、整形外科の先生にはレンタルの必要性があることの診断書の発行も依頼しました。

今月初めに内科の受診があり、本人はその照会も持って行ってくれたそうですが、今回も主治医意見書は整形外科の先生へ、内科の先生には前回同様に診断書を発行してもらうつもりで受診に臨んだそうですが、今回は私が照会を持たせたことで、その照会が認定調査に関わるもので役所へ提出するものか、それともケアマネが保管をしておくものなのか・・・と事前に混乱してしまい、照会へはその場で記入をしてくれたようですが、診断書の発行も依頼したところ返事なく照会のみ渡されたとのことでした。

受診した翌日に私のもとへ電話があり、『あなたが持たせた手紙は役所へ出すものですか?それともあなたが計画書を作るものとして保管するものですか?混乱してしまって診断書を書いてもらえませんでした。私が先生に尋ねても返事はなくてこの手紙だけ渡されました。診断書を書いてもらえなかった・・・と今回はミスしてしまいました。事前にあなたが何のためのお手紙なのか説明をしていればこんなことにはならなかった』との訴えでした。
私は、この利用者さんへ照会を渡す前に説明を行ない本人さんの前で封筒へ入れて糊づけをして封も閉じました。それから先生宛にケアプランを作成する際に参考にしていきたいので…と記載してもたせました。
整形外科の先生への診断書は福祉用具のレンタルの継続の為依頼しましたが、内科の先生には一切依頼していません。

私は、内科の先生への診断書は利用者さんが自分自身で必要性を感じて依頼をしようとしていたと思うのですが、それを今回照会を持たせたから出してもらえなかったとこっちの責任にされたのは納得がいかず、初めて応戦してしまいました。それに『私がミスしてしまいました』と自分のミスを認めるコメントもしています。

私は明らかに自分で充分に訴え切れなかったからかな?と思っています。

今回は経過措置を利用して従来通りの介護度を希望するそうなので、要介護1の認定で出るものかと思いますが、仮に要支援2が出た場合にはこっちの責任にされるんだと思います。

実際、認定するのは役所。認定を判断する時は直接ケアマネが関わるわけではないので何の関係もないと思います。申請を代行したり調査のこと等を説明したりはしますが、調査時は調査員と本人とのやりとりで、その結果に基づいて計画書作成を依頼されてケアマネが動くのではと思うのですが、そこまで責任を問われる必要性があるのでしょうか?

それから診断書を貼付するのは必要性があるのでしょうか?
私は主治医意見書への記入、また調査時に何で困っているのかを十分に伝える…そして特記事項に書いてもらうだけで充分なのでは?と考えてます。

今回は私自身で、現在利用しているサービスの必要性等について文書を作成して本人へ渡し調査時の参考にしてもらおうかと考えてます。(たぶん、添削をして書き直しをさせるとは思いますが…)

長々とすみません。この投稿を読んで頂いた方でご意見ありましたらお願いします。
この投稿には、4件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新4件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
08/19 ありがとうございます。
08/07 読解能力
08/07 利用者さんのパーソナリティから難しいです…
08/06 ショックなんですね。

同じカテゴリの新着掲示板

新着記事

平成28年度 介護支援専門…

thumb

解答速報をご覧いただくには、会員登録が必要で…

平成27年4月施行版 サー…

厚生労働省は2月6日、社会保障審議会「介護給…